導入するメリット

クレジットカード

手数料と集客効果

商品やサービスの販売を行っているときには決済方法の検討を行うことになります。クレジットカード決済に対応するかどうかは大きな問題になるでしょう。基本的な仕組みとして顧客は原則として一回払いであれば手数料なく使用することができ、後払いでお金を納めれば良いだけになります。販売業者としてはクレジットカード会社からすぐに立て替えで決済額を手に入れることができますが、手数料を支払わなければなりません。クレジットカード決済を導入すると収入が減ってしまうかもしれないと考えると導入しない方が良い仕組みのようにも思えるでしょう。しかし、クレジットカードの手数料は集客効果を高めるためのものであるという考え方が可能です。クレジットカードを利用することによって顧客は現金を持ち歩く必要がなくなるだけでなく、ポイントの付与を受けて現金で払うよりもむしろ得をしています。そのため、クレジットカード決済を導入することで、現金払いにしか対応していないよりも集客効果を高めることができるのです。また、クレジットカード決済をするという前提で商品やサービスの価格設定をしておけば損をすることはありません。このような仕組みによって導入によるメリットだけを生み出しているのが通常であり、クレジットカード決済に対応している業者が増えている理由です。このような仕組みで集客力を挙げながら収入も高めていると知ると導入に躊躇することはないでしょう。